1. ホーム
  2. 未分類
  3. 忘れていた言葉「魔の3歳児」

忘れていた言葉「魔の3歳児」

久々?!でもないですかね、子育てネタです(^^)

さっきネットを見ていて見つけた言葉
「魔の3歳児」
そういえば、3歳時ってよくこうゆう表現しますよね~

3歳になる前はすごく意識してて
どんな風になるんだろうと不安に思う事もあったのに
いざ3歳になってみるとすっかり忘れていました
(娘、現在3歳5か月)

そう、最近すごいんです!!!
わがままっぷりというか
おこりっぷりというか
自我が。

4月から通い始めた幼稚園も意外とすぐに慣れて
ウキウキで通ってるな~と思っていたのですが
先週、1回延長で預かりをした日から
お漏らししたり「幼稚園行きたくない!」と言い出して
ここ1週間朝は戦争です。。。

なんでも自分でやりたいから
朝も完全に遅刻組

今日も3歳児健診で出来なかった眼科検診を眼科に行ったら
途中からご機嫌ナナメでちゃんと出来ず
追加健診になってしまいました。

でも、なんだか腑に落ちない母。
すごく時間かけて検査するので
私が見ててもこれは3歳児に無理でしょって内容。。。

はじめはちゃんとやってたのに
何度も同じ事するからイライラしてくる娘。

しかも、ご機嫌ナナメになりだしたら
看護師さんが明らかに「だから子供はね。。」と
他の看護師さんも「何あの子。。」といわんばかりの視線

検査ちゃんとできてないのに
視力0.4だから遠視の可能性ありで治療が必要だと思います。という診断
え?!本当に??あの検査でここまでの診断なの???
先生はひたすらそのデータでの話だけ
なんだかやっぱり腑に落ちない私。

いつもかかってる総合病院でやってもらってもいいですよ
どちらにしますか投げやりに言われたので
そちらでやってもらいます。と即答。

こんなやりとりで私もイライラがMAXになってしまい
この後わがままを言う娘につい当たってしまいました

そこで、見つけたこの「魔の3歳児」
そうか、3歳っていろいろ発達する時期だよな、、、
娘の中でも葛藤があるんだよな、、、
それを理解してあげなきゃいけなかった、、
と反省。

まだ3年しか生きていない娘
幼稚園という世界で日々いろいろな刺激を受けて
子供なりに頑張っている
そんな事を忘れてはいけないな。と思いました

「魔の3歳児」
過ぎてみれば娘が人として成長を遂げた時間。となるはず(笑)

こちらも母として何か成長出来るといいのですが(^^)

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Instagramやってます!