1. ホーム
  2. 子育て
  3. コードブルーの最終回

コードブルーの最終回

先週はドラマの最終回ラッシュでしたね
今期は珍しくドラマをいくつか見ていました

ほぼ、娘のリクエストで見ていたのですが
過保護のカホコ、カンナさーん、コールドブルーを見ていました。

コールドブルーは感動しますよね、医療物。
前回は見てなかったのですが、、映画行っちゃおうかな~なんて(笑)

コールドブルーはICUなどの場面も多いので
あえて娘に見せるようにしていました
娘も何度かの入院でICUを経験しました
でも、赤ちゃんの時で記憶も定かだと思うので
こうやって、いろんな人がお世話してくれて今があるんだよ。と話すようにしています。

病院に入院しているときは
娘も私も本当に貴重な経験を沢山出来ました
今思い返してみると、本当に良い経験ばかりでした(^^)

コールドブルーの最終回で
主人公に藍沢先生が言っていた
「医者は助かる命を助けるだけ」という言葉がとても心に残りました

これ、私が娘の入院で感じたとても重要な事でした
先生や看護師さん、ベストを尽くしてくれるけど
助かる命と助からない命がある
病気だから先生が全て治してくれるわけではない
本人や家族の努力や決断もとても大切。

そんな事を改めて気づかせてくれたドラマでした。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Instagramやってます!